M&Hの約束

M&Hの約束

心をむすんで夢をひらいて

Together Let’s Embrace Hearts as One, Dream as One

店はお客様のために、会社は従業員のために

私たちの仕事は、お弁当やお惣菜の製造販売業です。ディスカウントストアやGMS、ドラッグストアなど、さまざまな流通企業のテナントとして、北陸から九州まで、200店を超える店舗を運営しています。

商品づくりを担うのは、従業員の9割を占めるパートさんたちです、とりわけ、子育てを終えた50代~60代の女性のみなさんの力を頼りにしています。店舗運営の指標はいたってシンプル、パートさんが買って帰りたくなる商品を常に生み出せる店を目指すことです。従業員が買いたくなる商品なら、お客様も喜んで買ってくださいます。

  • 原田政照

  • シンプルな目標ではありますが、簡単な命題ではありません。毎日でも買える納得感のある価格設定、適度なボリューム感、季節に応じたメニューのバリエーション、もちろん飽きのこない美味しさ、どれひとつを欠いても、人生経験豊富なパートさんの心をつかむことはできないでしょう。

    言うまでもなく、「家族に食べさせたい」と思ってもらうには、徹底した衛生管理も欠かせません。もうひとつ、職場環境も重要です。いくら自分でつくったお弁当でも、日々楽しく働いている実感がなければ、すすんで買う気にはなれないでしょう。

パートさんが商品を買って帰るということは、人、仕事、経営状態など、店舗運営に関わるすべての指標を高いレベルでクリアしている証しです。パートさんがお弁当を買って帰る店は、楽しく働く充実感が咲かせる笑顔に満ちています。ともに汗を流す社員の表情も豊かです。何より、活気あふれる店はお客様を引き寄せます。従業員が笑顔になれる職場だからこそ、お客様に満足していただけるのだと信じています。成長著しい中食産業は、すでに10兆円規模に広がり、私たちの前途も明るい予感に満ちていますが、売上や店舗数の拡大はあくまでも結果であり、目標に掲げる気持ちはありません。それより、お客様に喜んでいただくためにも、従業員を大切にする。この鉄則を愚直に守りつづけることが、この先も変わることのない、私の役割であり、私たちの仕事です。